COP27・ヴァーチャル・ジャパン・パビリオンに出展しました

事業革新パートナーズは、令和4 年11 月6 日(日)~11 月18 日(金)にエジプトのシャルム・エル・シェイクで現在開催されている、国連気候変動枠組条約第27回締約国会議(COP27)のサイドイベントである「ヴァーチャル・ジャパン・パビリオン」に出展いたしました。

 

COP27 Virtual Japan Pavilionはこちらから

 

【COP27とは】

  地球温暖化を防ぐ枠組みを議論する国際会議。COPは「締約国会議」(Conference of the Parties)の略語で、国連気候変動枠組み条約に加盟する197カ国が参加する。11月に英国で開くCOP27は、27回目の会合にあたる。

1995年からほぼ毎年開催。京都で開いた97年のCOP3で先進国に温暖化ガスの削減を義務づけた「京都議定書」を採択した。2015年のCOP21で京都議定書に代わる「パリ協定」をまとめた。産業革命前と比べて気温の上昇幅が2度を十分に下回り、1.5度以下にとどまるよう目指す内容とした。

  菅総理は、2020年10月に2050年カーボンニュートラルを宣言し、また今年4月には、2030年度の温室効果ガス排出削減目標について、2013年度から46%削減することとし、さらに50%の高みに向けて、挑戦を続けていくことを表明した。今後、国内外において、脱炭素技術の実装を本格的に進めていく必要がある。